新しく「留学」の査証を取得して渡日する時は…|在留・再入国案内|留学生の方へ|教育・学生生活|国立大学法人 総合研究大学院大学

教育・学生生活

新しく「留学」の査証を取得して渡日する時は…

在留資格認定証明書

日本の大学で学ぶためには「留学ビザ」を取得する必要があります。ここでは在留資格認定証明書により、「留学ビザ」を取得する方法を説明します。「在留資格認定証明書」は、外国人が在留資格に該当し、かつ、入管法第7条第1項第2号に掲げる入国条件に適合していることの証明です。よって、在留資格認定証明書があれば、海外の大使館などでのビザ発給手続や空港での入国審査がスムーズになります。在留資格認定証明書を取得せずに直接在外公館に査証を申請することも可能ですが、その場合大変時間がかかりますので、総研大に入学する留学生の皆さんには在留資格認定証明書を利用した「留学」査証の取得を薦めています。在留資格認定証明書を利用したビザ取得の概略は次のとおりです。
ア.
入学予定の教育機関の教職員等が、その所在地を管轄する地方入国管理局で「在留資格認定証明書」の交付申請を行う。(下図④)
イ.
在留資格認定証明書が交付されたら(下図⑦)、それを日本に入国しようとする外国人に郵送する(下図⑧)。
ウ.
日本に入国しようとする外国人本人が日本の在外公館にビザの申請をする。(下図⑨)
具体的に、あなたがしなければならない手続きは次のとおりです。

在留資格認定証明書交付申請の手続きについて

  1. 在留資格認定証明書交付申請書をダウンロードし、見本を参考に、漏れなく記入する。
  2. 記入後、電子ファイルを出願する専攻事務担当者(大学院担当)または指導教員に電子ファイルで提出する。
  3. 同時にパスポートのコピー(身分事項の記載がある頁)・写真・在留中の経費支弁能力を証する書類を専攻事務担当者(大学院担当)または指導教員に送る。(あなたが送った申請書、パスポートのコピー等を持って、あなたの専攻事務担当者(大学院担当)または指導教員が入国管理局へ申請に行きます)
  4. 約1.5ヶ月後に「在留資格認定証明書」が専攻事務担当者(大学院担当)または指導教員から送られてくるので、その他の必要書類とともに、最寄りの日本大使館ないしは領事館に申請に行く。その他必要書類については、在外公館のWEBにてあらかじめ確認し、用意をしておくこと。
お問い合わせ先

総合研究大学院大学 国際・社会連携課 国際交流係

  • TEL:046-858-1519/1527
  • E-mail:kokusai(at)ml.soken.ac.jp

PAGE TOP

PAGETOP