「留学」査証の在留期限を延長する時は…|在留・再入国案内|留学生の方へ|教育・学生生活|国立大学法人 総合研究大学院大学

教育・学生生活

「留学」査証の在留期限を延長する時は…

在留期間更新許可申請

申請は、在留期間の満了する3か月前から受付可能です。各基盤機関を管轄する地方入国管理局に、原則として本人が出向いて申請します。申請の前に、まず総研大から「在留期間更新許可申請書(所属機関等作成用)」という書類を取得する必要があります。手順は次のとおりです。

公印が必要な「所属機関作成用」取得の手順について

  1. 下記必要書類1の在留期間更新許可申請書をダウンロードし、漏れなく記入する。
  2. 記入後、電子ファイルと証明書発行申請書を専攻事務に提出する。
  3. 専攻事務担当者は上記申請書等を国際・社会連携課国際交流係に提出する。
  4. 提出から約1週間後に、所属機関等作成用申請書が届くので、他の必要書類とともに入国管理局に持参する。

必要書類

  1. 在留期間更新許可申請書(申請人等作成用)
  2. 写真(申請書の指定箇所に貼付)
  3. 在学証明書
    入学予定者は総研大からの合格通知(申請時期によって「入学見込証明書」、「入学許可証」を求められる場合があります。入国管理局に確認のうえ、総研大にご相談ください。なお、入学日以降は「在学証明書」を提出してください。)
  4. 成績証明書
    入学予定者は卒業した(見込みの)大学の卒業(見込み)証明書、成績証明書
  5. パスポート(原本及び写。身分事項頁及び上陸許可証印又は最新の在留資格・期間等の証印が貼付されている箇所)
  6. 外国人登録証(原本及び写、両面)または在留カード(原本及び写し、両面)
  7. 手数料4,000円(許可時。収入印紙で納入)
  8. 在留中の経費支弁能力を証する書類

注意事項

在留期間満了日までに在留期間更新許可を申請した場合で、申請結果が在留期間満了日までに出ない場合は、在留期間満了後も結果がでる日もしくは以前の在留期間満了日から2月を経過する日のいずれか早い方の日まで、「留学」の在留資格で滞在することができます。ただし、在留期間満了日から2月を過ぎて滞在した場合は、申請中であっても不法滞在となりますので、ご注意下さい。在留期間更新許可申請は在留期間満了日の3月前から提出できますので、なるべく早めに手続きを行いましょう。

お問い合わせ先

総合研究大学院大学 国際・社会連携課 国際交流係

  • TEL:046-858-1519/1527
  • E-mail:kokusai(at)ml.soken.ac.jp

PAGE TOP

PAGETOP