卒業後に継続して就職活動を行う時は…|在留・再入国案内|留学生の方へ|教育・学生生活|国立大学法人 総合研究大学院大学

教育・学生生活

卒業後に継続して就職活動を行う時は…

卒業後も継続して就職活動を行う留学生の在留資格の取扱について

在留資格「留学」を持つ留学生が就職活動のため卒業後も引き続き日本に在留を希望する場合、大学からの推薦が得られる時には、在留資格の「特定活動」(在留期間:6ヶ月)への変更を許可し、更に一回まで更新を認めることにより、大学卒業後最長1年間の日本滞在が可能となりました。

この制度は、非正規生には適用されません。

必要書類

  1. 在留資格変更許可申請書(但し、所属機関等作成用は不要)
  2. 写真(申請書の指定箇所に貼付)
  3. 旅券
  4. 外国人登録証明書 または 在留カード
  5. 在留中の経費支弁能力を証する書類
  6. 卒業証書または卒業証明書
  7. 大学からの継続就職活動についての推薦状
  8. 継続して就職活動を行っていることを明らかにする資料

資格外活動許可

継続して就職活動を行うことを目的として、在留資格「特定活動」で在留している外国人については、個別の申請に基づき、週28時間以内の資格外活動の許可が受けられます。資格外活動許可申請には、大学が発行する推薦状が必要です。

家族の在留資格の取扱

継続して就職活動を行うことを目的として、在留資格「特定活動」で在留する外国人の家族が「家族滞在」の資格で在留している場合、同時に「特定活動」への在留資格変更許可申請が必要となります。

推薦状

「継続就職活動に関する推薦状」を必要とされる場合は、「証明書発行申請書」をご提出ください。その際は、外国人登録証明書の写し、または在留カードなどあなたの現住所が確認できるものも併せてご提出ください。

お問い合わせ先

総合研究大学院大学 国際・社会連携課 国際交流係

  • TEL:046-858-1519/1527
  • E-mail:kokusai(at)ml.soken.ac.jp

PAGE TOP

PAGETOP