RAやアルバイトをする時は…|在留・再入国案内|留学生の方へ|教育・学生生活|国立大学法人 総合研究大学院大学

教育・学生生活

RAやアルバイトをする時は…

資格外活動許可申請

在留資格「留学」をもって在留する外国人は、留学生としての勉学や研究に関連した活動しかできません。しかし、やむを得ずアルバイトをする場合は、入国管理局から資格外活動の許可を得る必要があります。なお、総研大ではRAに従事する際も資格外活動許可が必要となります(詳しくはこちら)ので、必ず資格外活動許可を取得してからRA勤務を行って下さい。

活動時間の上限

28時間以内/週(ただし、学則に定める長期休業期間中は1日8時間以内)

ただし、研究生で現在週14時間で許可を受けている者は、14時間以内/週が上限。週28時間以内に上限の変更を希望する者は、新たに資格外活動許可を申請すること。

活動内容の制限

風俗営業もしくは店舗型性風俗特殊営業が営まれている営業所において行われるもの又は無店舗型性風俗特殊営業、映像送信型性風俗特殊営業、店舗型電話異性紹介営業もしくは無店舗型電話異性紹介営業に従事するものを除く。

必要書類

  1. 資格外活動許可申請書
  2. 旅券
  3. 外国人登録証明書 または 在留カード
  4. 在学証明書
    平成22年以降、資格外活動が許可される場合は旅券に資格外活動許可証印シールが貼付されますので、資格外活動許可を受ける際は必ず旅券を持参して下さい。
新規入国者は、入国手続き時に資格外活動許可申請をすることも可能です。 詳しくはこちらをご覧下さい。
お問い合わせ先

総合研究大学院大学 国際・社会連携課 国際交流係

  • TEL:046-858-1519/1527
  • E-mail:kokusai(at)ml.soken.ac.jp

PAGE TOP

PAGETOP