国費留学生の方へ|日本で生活を始めるために|留学生の方へ|教育・学生生活|国立大学法人 総合研究大学院大学

教育・学生生活

国費留学生の方へ

国費外国人留学生情報

給与支給

国費奨学金を受給するためには、毎月「国費外国人留学生在籍確認簿」へサインと日付を記入する必要があります。「国費外国人留学生在籍確認簿」は所属基盤事務で記入ができます。
サインの締切は毎月2回あり、1回目の締切までにサインをした学生には当月末までに、2回目の締切までにサインをした学生には翌月中旬頃に奨学金が支給されます。(各月の締切日や支給スケジュールにつきましては、年度初めに基盤事務から配布される年間スケジュールをご覧ください。)

4月及び10月は新入生が多いため、事務手続きの関係上4月分及び10月分の奨学金の支給が遅くなります。

対象

国費外国人留学生

支給元

日本学生支援機構

支給額

奨学金の月額単価は、各国費外国人留学生の「在籍ステータス(研究生/修士課程/博士課程)」と「主たる研究場所」によって決まります。「主たる研究場所」はそれぞれが所属する基盤機関の本部所在地となっています。
詳しい月額はこちらをご覧下さい。

留意点

  • 月の初めから終わりまで所属基盤機関を離れる場合、その月の奨学金は支給されません。
  • 2回目の締切日までに「国費外国人留学生在籍確認簿」にサインができない場合、あらかじめ基盤機関の担当係に申し出てください。
  • 休学または長期欠席のために奨学金が支給されなかった場合でも奨学金の支給期間は延長されません。

帰国旅費

奨学金支給期間を終了し帰国する国費外国人留学生に対して、旅費が支給されます。
奨学金支給期間が延長された場合は、延長された支給期間終了後に支給されます。

支給元

日本学生支援機構

支給

原則として、東京(成田、羽田)または基盤機関の最寄りの国際空港から帰国先(国籍国)の最寄りの国際空港までのエコノミークラスの航空券を支給します。

申請方法

国費外国人留学生帰国旅費申請書への記入
(指導教員の確認を受ける。)
  ↓
申請
(帰国希望日の1カ月前までに基盤機関担当者などを通じて申請)
  ↓
航空券の受取

留意点

以下の場合は、支給されません。

  • 奨学金支給期間の中途において、個人の都合で帰国する場合
  • 奨学金支給期間内に帰国旅費の申請をしない場合
  • 文部科学省以外の公的機関から旅費の支給を受ける場合
  • 所定の期日までに帰国しない場合
  • 奨学金支給期間終了後、帰国せず引き続き日本に滞在する場合
  • 文部科学大臣への誓約事項に違反した場合

その他

  • この航空券は、現金に換えられません。
  • 旅費申請をしてから帰国するまでの間は、文部科学省または大学などとすぐに連絡がとれるよう、旅行などはしないでください。
  • 帰国をやめる場合は、支給された航空券を大学などを通じて文部科学省に返してください。
  • 出発空港までの日本国内移動旅費は自己負担です。

期間延長

奨学金支給期間が満了する優秀な研究留学生は、奨学金支給期間の延長申請ができます。
支給期間の延長は選考の上、文部科学省で決定されます。ただし、毎年希望者が多いため申請しても認められない場合や条件によっては申請できない場合があるので、延長を希望する場合、所属する基盤機関の担当者または葉山の国際交流係に申請が可能かどうかを確認し、指示に従ってください。
延長が認められた者の帰国旅費は、延長された支給期間が満了する際、本人の申請に基づいて支給されます。

お問い合わせ先

総合研究大学院大学 国際・社会連携課 国際交流係

  • TEL:046-858-1519/1527
  • E-mail:kokusai(at)ml.soken.ac.jp

PAGE TOP

PAGETOP