イベントカレンダー

  • イベント
  • 修了生
  • 受験生
  • 在学生
  • 地域・一般の皆様
  • 教職員

【参加者募集】文化科学研究科 学術交流フォーラム2014の開催について

開催日時:2014.12.20~2014.12.21

開催場所:国立民族学博物館

【開催趣旨】

 

学術交流フォーラムが2年ぶりにかえってきました。今回のテーマは「文化をカガクする?」です。

 

私たちの所属する文化科学研究科は、5つの基盤機関においてさまざまな対象を扱い、多様な方法論を用いて研究を進めています。その一方で、テーマ設定の相違や方法論の認識について、横断的に問いなおす機会は多くはありませんでした。

 

そこで今回、学術交流フォーラムの再出発にあたり、私たちはいまいちど学生・教員間の交流を通して、私たちが取り組んでいる研究課題の特徴、各研究分野において蓄積されてきた研究方法論の役割について考え共有することを目的としました。

 

これらを達成するため、本フォーラムは次のセッションから構成されます。意見交換と問題解決を促進する口頭発表・ポスター発表、総研大のプロジェクトを知るパネルディスカッション、音に親しみながら研究に用いる「しりょう」の様態を問いなおす探究型ワークショップ、伝統的なレシピの再現を通して飲食文化を学ぶ体験型ワークショップ、そして身体表現と伝承の役割を再考する神楽の研究公演です。私たちはこれらのセッションを通して、改めて文化科学研究科における学術研究“カガク”のいまを、参加の方々とともに考え共有することで、人文科学の研究が担う“文化”の未来について発信します。

 

今回は全セッションを一般公開いたします。また他研究科の方の発表、他大学一般の方の参加も歓迎します。多くの方々の参加をお待ちしています。

 

   10月吉日 学術交流フォーラム2014 学生企画委員長 東城義則

 

【日時】

平成26年12月20日(土)13:00 ~ 21日(日)16:45

 

【場所】

国立民族学博物館

 

【対象者】

本学学生・教員、その他一般

 

【当日プログラム】

 ●1日目 12月20日(土)12:30~20:00

12:30~13:00   受付 会場:第5セミナー室

13:00~13:15   開会式 会場:第5セミナー室

司 会     鈴木 昂太     日本歴史研究専攻 学生企画副委員長

宣 言      稲賀 繁美     文化科学研究科長

趣旨説明   東城 義則     地域文化学専攻 学生企画委員長

  13:00~13:10        宣言・趣旨説明

 

13:10~13:20               移 動(10分)

 

13:20~15:20   口頭発表①  会場:第3セミナー室

司 会     光平 有希    国際日本研究専攻 学生企画委員

  13:20~14:00     ペルー北海岸における考古遺産の研究

  サウセド・セガミ・ダニエル・ダンテ 国立民族学博物館 外来研究員

  14:00~14:40  台所と食に関するプロトタイプの中のモノに見る高度成長期

           日本の「生活」と「身の回り」―女性用家庭百科を例に―

  大石 真澄 国際日本研究専攻

  14:40~15:20         戦没者慰霊におけるマリア観音の諸相  ―グアム島・サイパン島の

            事例を中心に―

  君島 彩子 日本歴史研究専攻

 

口頭発表②会場:第5セミナー室

司 会     黄 昱       日本文学研究専攻 学生企画委員

   13:20~14:00         大正期の憲法学者としての筧克彦の位置づけについて 

  西田 彰一 国際日本研究専攻

  14:00~14:40         教科指導におけるICT活用に影響を与える要因に関する事例研究

  中尾 教子 メディア社会文化専攻

  14:40~15:20         日本近現代文学における「観相」言説研究へのアプローチ

  ―「観相」は「科学」なのか―

  屋代(高野)純子 日本文学研究専攻

 

15:20~15:30   移 動(10分)

 

15:30~16:30   ポスター発表  会場:エントランスホール

司 会     春藤 献一    国際日本研究専攻 学生企画委員

  15:30~16:00        Group A 発表

  16:00~16:30        Group B 発表

 

16:30~16:40               移 動(10分)

 

16:40~17:55   パネルディスカッション①観相資料の学際的研究 会場:第3セミナー室

司 会     黄 昱      日本文学研究専攻 学生企画委員

パネリスト  相田 満      日本文学研究専攻 教授

三田 明弘    日本女子大学 教授

 

パネルディスカッション②在ハワイの日本歴史・文化資料をめぐる国際共同研究

  ―ハワイにおける日本文化の受容 会場:第5セミナー室

司 会      西山 文愛     比較文化学専攻 学生企画委員

パネリスト  大久保 純一  日本歴史研究専攻 教授

秋山 かおり  日本歴史研究専攻

  16:40~17:40         パネルディスカッション

  17:40~17:55     質疑応答・コメントペーパー記入

 

17:55~18:30                移 動(35分)

 

18:30~20:00   懇親会 会場:レストラン みんぱく

司 会     東城 義則     地域文化学専攻 学生企画委員長

挨 拶        稲賀 繁美     文化科学研究科長 

 

●2日目 12月21日(日)10:00~17:00

10:00~12:30       料理体験ワークショップ                   

総研大クッキングスクール:パレスチナシャーム地方のムジャッダラを食す 

会場:生活科学実験室

司 会     西山 文愛    比較文化学専攻 学生企画委員

講 師      菅瀬 晶子     国立民族学博物館 助教

   10:00~10:30         レクチャー

  10:30~11:30         調理

  11:30~12:30         食事(ムジャッダラ、サラダ、セージティー)

  12:30~13:00                休 憩(30分)

 

10:00~12:00       音・音楽ワークショップ 寄り添いの音・音楽 ―伝える・祝う・送る―

会場:エントランスホール

司 会     光平 有希    国際日本研究専攻 学生企画委員

演奏・講師  伊藤 悟      国立民族学博物館 外来研究員

演 奏      チャンドラ・バスカラ

講 師      仁科 エミ    メディア社会文化専攻 教授

   10:00~10:05         趣旨説明

  10:05~11:00         ひょうたん笛レクチャー・演奏

  11:00~12:00         ガムランレクチャー・演奏

  12:00~13:00                休 憩(60分)

 

13:00~16:40       研究公演 大元神楽公演

会場:講堂

司 会     鈴木 昂太   日本歴史研究専攻 学生企画副委員長

挨 拶     須藤 健一   国立民族学博物館長

演 舞      市山神友会

  12:30 開 場

  第一部 大元神楽を舞う 市山神友会による神楽公演

  13:00~13:10        挨拶・趣旨説明

  13:10~13:55    ①「太鼓口」 ②「御座」

  13:55~14:05       休 憩(10分)

  14:05~15:20    ③「鐘馗」  ④「五龍王」

  15:20~15:30       休 憩(10分)

   第二部 大元神楽を語る

  15:30~16:30        パネルディスカッション

         大元神楽のイマ ―無形文化財制度と民俗芸能の伝承活動―

  司  会     春藤 献一    国際日本研究専攻 学生企画委員

  パネリスト  鈴木 正崇    慶應義塾大学 教授

  笹原 亮二     比較文化学専攻 教授

  本山 徳幸     市山神友会長

  鈴木 昂太     日本歴史研究専攻 学生企画副委員長

 

16:30~16:40   閉会式 会場:講堂

司 会     鈴木 昂太    日本歴史研究専攻 学生企画副委員長

講 評      田村 克己     総合研究大学院大学 理事

挨 拶     佐々木 史郎  地域文化学専攻長

【申込み締切日】

〆切ました

 

 

 

Posted On 2014.10.09 By 学務課基盤総括係
〒240-0193 神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

PAGETOP