NEWS 最新情報・TOPICS

2016.12.16
  • お知らせ

平成28年度日本学生支援機構大学院第一種奨学金の特に優れた業績による返還免除について

日本学生支援機構

大学院第一種奨学金 平成28年度中貸与終了(予定)者 各位

 

大学院において日本学生支援機構第一種奨学金の貸与を受けた学生であって,在学中特に優れた業績をあげた者として日本学生支援機構に認定された場合は,貸与期間終了時に学資金の全部又は一部の返還が免除される「特に優れた業績による返還免除制度」について, お知らせいたします。

認定については,専攻分野に関する論文その他文部科学省令で定める業績の総合的な評価により,まず学内選考委員会において推薦者が決定され,その推薦者について日本学生支援機構において評価・決定されることになります。

ついては,当該制度の適用を希望する者は,以下のとおり申請してください。

 

【申請資格について】

1.平成16年4月以降に大学院第一種奨学生に採用されていること。

2.平成28年度中に奨学金の貸与が終了すること。

※在学中に特に優れた業績を上げていれば,必ずしも課程修了は要件とはなりません。

※退学や日本学術振興会特別研究員の採用内定等の事由による辞退により,平成29年3月までの貸与終了の場合も今年度の申請資格者となります。早めに「異動願(届)」を提出するとともに,期日までに申請書類を提出してください

 

【申請期限について】

平成29年1月23日(月)まで

※申請締切日までに提出がない場合は申請の意志がないものと見なします。なお,今年度の申請資格者は次年度以降の申請はできません。

 

【申請書類について】

1.業績優秀者返還免除申請書(様式1-1):両面印刷で作成すること

2.指導教員等の推薦理由(様式1-2):指導教員に記入してもらうこと

※上記1及び2は,下記関連ファイルからダウンロードできます。

3.特に優れた業績を証明する資料及びリスト

:申請書(様式1-1)の「教育研究活動等の業績」に該当する業績についての資料(学位(研究)論文,著作物,掲載学術雑誌等)を添付すること。なお,提出資料についてのリストも添付すること。

ただし,成績証明書は添付する必要はありません。

4.異動願(届) ※必要に応じて

:平成29年3月までに日本学生支援機構第一種奨学金を辞退もしくは退学予定の方のみ提出してください(平成28年9月もしくは平成29年3月に日本学生支援機構第一種奨学金を満期終了する方は不要)。

 

【申請書類の提出先】

各基盤機関大学院担当窓口

 

【免除者の決定時期】

平成29年5月下旬(予定)

※日本学生支援機構からの結果通知は平成29年6月中旬頃送付予定です。

Posted On 2016.12.16 By 学務課学生厚生係
〒240-0193 神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

PAGETOP