研究科・専攻

高エネルギー加速器科学研究科

TOPICS

高エネルギー加速器科学研究科について

高エネルギー加速器科学研究科には加速器科学専攻、物質構造科学専攻、素粒子原子核専攻の三専攻が属し、それぞれの専攻は高エネルギー加速器研究機構(KEK)の加速器研究施設(および共通基盤研究施設)、物質構造科学研究所そして素粒子原子核研究所を基盤機関としています。
素粒子原子核専攻では、加速器を使用した素粒子原子核実験に参加することや理論研究を展開することで、宇宙の成り立ちや物質の究極の構造や原理について学び研究します。物質構造科学専攻では、分子や結晶構造などから生命体など多彩な形態で存在する種々の物質について、原理から応用までを含んだ幅広い立場から学び研究します。

ニュートリノの謎に迫る小型水検出器と、製作チーム
ニュートリノの謎に迫る小型水検出器と、製作チーム

加速器科学専攻では、以上の研究を遂行するために必須な、 陽子、 電子・陽電子、ニュートリノ、X線、中性子、ミュオンなどの各種量子ビームを生成する高エネルギー加速器および関連する装置や技術について学び研究します。
本研究科では、KEKで遂行される研究活動を基礎に、全専攻が緊密に協力して幅広い分野の大学院教育を展開し、新しい時代の研究者養成を期しています。

高エネルギー加速器科学研究科WEBサイト

研究科長 小川 雄二郎

研究科長 小川 雄二郎

専門分野:
加速器科学
研究テーマ:
ビーム物理学
キーワード:
ウェーク場、エミッタンス保存、ビーム安定性、大電流ビーム加速

各専攻について

高エネルギー加速器は、最も単純な素粒子・原子核から原子・分子そして複雑精妙な生命体に至る、自然界の各階層のさまざまな構成要素を探究する強力な道具です。さらに近年、産業や医療分野など直接人々の役に立つ分野での活躍も目覚ましく進展しています。本専攻では、加速器性能の向上を通じた自然科学の推進を主目標に、加速器の原理研究や先端的加速器技術の開発など、理論・実験両面から加速器教育を実施します。あわせて、密接に関連する放射線科学、コンピュータ・サイエンス、超伝導技術、機械工学などの教育および研究を通じて、加速器科学の将来を中心的に担う人材の総合的育成を行います。

大型加速器から発生する放射光・中性子・ミュオン・低速陽電子の4つのビームプローブを用いて、物理・化学・生物・医学などの様々な分野にわたる物質構造科学研究を行います。とりわけ、世界最先端のビームの発生と加工に関する学理と応用開発研究、これらのビームプローブを用いた物質構造と機能に関する基礎と先進的応用の研究を行い、物質構造科学研究の将来を担い、またその発展に貢献する人材の養成を目指します。

素粒子原子核物理学は、物質の究極の構成要素とそれらに働く力を明らかにしようとする学問です。本専攻は、エネルギーフロンティアを目指す実験から、大強度粒子ビームを使った精密測定によって素粒子・原子核の性質を明らかにする実験にいたる世界をリードする多彩な実験と、宇宙から超弦理論までを広くカバーする理論研究を背景に、これらの分野をリードする研究者の養成を目指しています。宇宙と物質の謎を解き明かす世界最先端の研究に参加してみま せんか。

PAGETOP