先導科学研究科|研究科・専攻|国立大学法人 総合研究大学院大学

研究科・専攻

先導科学研究科

TOPICS

先導科学研究科について

生命共生体進化学専攻説明会
生命共生体進化学専攻説明会

先導科学研究科は「進化学」と「科学と社会」分野の研究・教育をミッションとする生命共生体進化学専攻の単一専攻研究科です。進化学には、統合人類学、行動生物学、進化生物学、理論生物学の生物系4分野をおき、とくに生物の多様性と歴史性に焦点を当てています。一方、科学と社会分野では、科学を人間の社会活動のひとつととらえ、科学者の社会における役割や責任について深く探求しています。学生はそれぞれの専門分野で博士研究を行う一方、生物系の学生は社会分野の、社会系の学生は生物分野のテーマでそれぞれ副論文を書くことが求められます。分野間の垣根を徹底的に低くし、学生30名、教員20名が常に親密に交流することで密度の高い教育を実現しています。以って、人間・科学・社会に関する深くバランスのよい見識を備えた研究者・高度専門職業人を育成します。

見出しテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
家族で群れを形成し、血縁個体間で様々な協力行動を行うミーアキャットの研究

加えて、先導科学研究科は学融合推進センターと一体となって、総研大全専攻に向けた各種教育プログラムを研究・運営しています。さらに、国内外の大学や研究機関と活発な共同研究を展開し、新しい研究領域の構築を先導することを目指しています。

研究科長 蟻川謙太郎

研究科長 蟻川謙太郎

専門分野:
神経行動学、感覚生理学
研究テーマ:
昆虫における光感覚と視覚の機構と進化
キーワード:
色覚行動、複眼、個眼、視細胞、視葉、色情報処理、視物質

各専攻について

38億年の歴史の果て、地球上には数百万種にもおよぶ多様な生物が存在しています。進化は、生物の歴史性と多様性を理解するためのカギであり、生命の異なる階層をつなぐ概念を提供する理論でもあります。私たち人間の営みも、その延長上にあります。本専攻では、専門分野のみならず、生物学を広く見渡す総合力を養うとともに、現代の科学と社会のかかわりに関して考察します。新しい生命観、人間観を切り拓き、これからの持続可能な社会の構築に貢献できる国際人を養成します。

PAGETOP