2018 JSPSサマー プログラム|JSPSサマー プログラム|特色ある活動|国立大学法人 総合研究大学院大学

特色ある活動

2018 JSPSサマー プログラム

2018 JSPSサマー プログラム

「JSPSサマー・プログラム2018」 オリエンテーションを開催

<期間>2018年6月13日(水)~2018年6月19日(火)
 

開講式での集合写真

 

2018年6月13日(水)から7日間、『平成30年度JSPSサマー・プログラム』のオリエンテーションを湘南国際村センター(葉山)にて実施しました。各国の学術機関による選抜を経て、英国、フランス、ドイツ、カナダ、スウェーデン及びアメリカ合衆国の6カ国から博士号取得前後の若手外国人研究者(フェロー)102名が来日し、それぞれの受入研究機関に向かうまでの1週間を葉山にて過ごしました。

開講式は、日本学術振興会の牛尾理事及び本学の長谷川学長の歓迎の挨拶で始まり、推薦機関からも多くの関係者が出席されました。夜の歓迎レセプションでは、日本での受入教員、本学教員や学生達も歓談に加わり、分野や国籍を超えた交流が活発に行われ盛大な会となりました。

2日目は、山本嘉孝講師(大阪大学)による“Paper And Threads: My Encounter with Early Modern Japanese Books(紙と糸:日本古典籍との出会い)”と題した特別講義で始まりました。その多くが現代文字に訳されていないという日本古典籍について、歴史背景と製本方法、構成、また具体的な内容に至るまで、ひとつずつ解説がなされ、ご自身の進路を決めるきっかけ等にも触れながら講義が進められました。質疑応答では、翻訳率の低さと日本人の文学に対する関心の関係性について、文学と科学のコラボレーションの可能性について等、次々と質問の手が挙がり、フェローの関心の高さを伺うことができました。

 
  

山本先生による特別講義の様子
 

また、この日から計3日間、これから始まる2ヶ月間の研究生活の準備として、日本語授業が行われました。日本語の基礎からロールプレイング形式での実践的な会話まで、フェローのレベルにあわせた10クラスに分かれ、意欲的に取り組んでいました。

午後からは、代表的観光スポットである鎌倉の鶴岡八幡宮、鎌倉高徳院(大仏)、小町通りを訪れました。ツアーガイドの歴史的説明を熱心に聞きながら、お参りの仕方やお賽銭の投げ方についても興味深く見学し、「武家の古都」鎌倉の魅力を存分に満喫しました。

3日目午前中に行われたポスター・プレゼンテーションでは、フェローが来日前に各自用意したポスターを会議場に並べ、日本での研究計画についてプレゼンテーションが行われました。総研大生と教職員も加わり、それぞれの研究分野を越えた活発な議論が行われました。

 
ポスター・プレゼンテーション
  
習字に取り組むフェロー


 

夕方から行われた日本文化紹介では、茶道、書道、折り紙、けん玉、着付けを体験しました。けん玉コーナーでは、物理の法則を用いて真剣に挑戦するフェローの姿や、浴衣の着付けでは、色鮮やかな涼しい装いとなり、日本文化の魅力を楽しみました。

週末は、日本家庭でホームステイを体験し、プリクラ、回転寿司やラーメン、手打ちうどん等、日本独特の文化・食文化を楽しみ素晴らしい思い出を作りました。ホストファミリーにより厚いおもてなしを受け、17日(日)夕方には皆が満喫した表情で、またホストファミリーとの別れを惜しみながら湘南国際村センターに戻ってきました。

長谷川学長による特別講義の様子

18日(月)午前には、長谷川眞理子学長による特別講演 “Seven (Naïve) Questions about AI(AIに関する7つの(ナイーブな)問い)”が行われました。人間の特異性、脳と知性の進化について触れたうえで、今後避けて通れない課題としてのAIに関する、7つの問題提起がなされました。フェローの中にはAIの研究者もいたため、長谷川学長から質問を投げかける場面もあり、対話に近い形で進められた質疑応答はとても興味深く、有意義な時間となりました。

午後には、元東京藝術大学教授の安藤政輝先生をお迎えして、“The World of Koto(琴の世界)”と題して特別講義が行われました。安藤先生から日本の伝統楽器についての講義があり、その後、尺八、三味線、十七弦の奏者3名も加わって邦楽演奏がなされました。途中、「六段の調べ」の演奏に合わせて、琴の形がルーツと言われる「聖護院八つ橋」が安藤先生からフェローに配られました。続けて行われたワークショップでは、檀上に用意された箏や三味線、尺八に触れてみたいというフェローが長蛇の列を作り、安藤先生と奏者の方々に教わりながら、初めての演奏体験を楽しみました。

今年は飛行機の遅延等により6名が途中参加となりましたが、ホームステイの前には全員が揃い、無事に1週間のオリエンテーションを終えて全国各地の受入機関に向けて旅立っていきました。2ヶ月の研究を経て、8月21日(火)に行われる報告会のため、次は東京に集まることとなります。彼らの研究生活が実りあるものとなり、このプログラムが日本と世界の学術交流に繋がっていくことを願ってやみません。

PAGETOP

Facebook pageYoutube channel
Facebook pageYoutube channel