葉山キャンパスにおける被災研究者等の受入について|東日本大震災への本学の対応|国立大学法人 総合研究大学院大学

葉山キャンパスにおける被災研究者等の受入について

葉山キャンパスにおける被災研究者等の受入について

被災された研究者・学生等のために

総合研究大学院大学葉山キャンパス(神奈川県三浦郡葉山町湘南国際村)では、この度の東日本大震災で被災した大学等研究機関の研究者・大学院生・学生の方々の研究支援を目的として 、葉山キャンパス内の研究施設および宿泊施設の提供を行います。

目的と対象

被災した大学等研究機関の研究者・大学院生・学生に総合研究大学院大学・葉山キャンパス(以下、「葉山キャンパス」と呼ぶ)の研究施設・宿泊施設を提供することによる研究継続支援。

研究施設

葉山キャンパス内の研究棟および附属図書館の研究設備・スペースを訪問研究員に準じて利用できます。

宿泊施設

葉山キャンパス内宿泊棟の宿泊室。宿泊料は無料、光熱水料も本学負担とします。なお、10日を超える滞在にも可能な限り対応します。

申し込み先

以下のサイトをご参照の上ご自身の研究分野に関連する本学教員へ直接ご連絡願います。

申し込み方法

上記葉山キャンパス所属教員を被災研究者等の窓口として、ご所属機関名称・連絡先(E-mailアドレス、電話番号)・被災の状況等について、以下の申込サンプルに沿った必要事項をメールに貼り付けるなどして随時お問い合わせください。

申し込み記入例

  • 本学における希望受入れ教員名:
  • 申込者氏名:
  • 職名・学年:
  • 所属する研究機関・研究室:
  • 所属先住所:
  • 自宅住所:
  • 連絡先(メールアドレス・電話番号)
  • 滞在希望期間:    年  月  日 ~ 年  月  日
  • 宿泊室利用希望:( )する ( )しない
  • 宿泊希望期間:    年  月  日 ~ 年  月  日
  • 所属研究施設の被災状況:

PAGETOP