イベントカレンダー

  • イベント
  • 修了生
  • 在学生
  • 地域・一般の皆様
  • 教職員

【参加者募集】萌芽的研究会「分野融合研究の駆動力となる定量的アプローチの研究会(第2回)

開催日時:2016.12.01

開催場所:

 

本学学融合推進センターで採択した萌芽的研究会

「分野融合研究の駆動力となる定量的アプローチの研究会」(第2回)を、下記の日程にて開催いたします。

ご興味のある方は、ぜひご参加下さい。

 

萌芽的研究会の趣旨等についてはこちらをご参照ください。

http://cpis.soken.ac.jp/project/research/houga/index.html

 

 

 

学融合研究事業・萌芽的研究会開催案内

「分野融合研究の駆動力となる定量的アプローチの研究会」

<趣旨>

多様化・複雑化した社会状況を反映し、多分野連携・融合研究の重要性は益々高まっている。連携を行うことにより各特化分野研究へ新しい視点がもたらされること等による特化分野研究へのプラスの効果が期待される。また融合した結果の新学術領域の開拓による複雑化した社会への貢献が求められている。しかしながら、多分野連携・融合の定義すら曖昧であり、その結果、分野連携・融合の状況把握、分野連携・融合の成功要因、進展過程、進展方法、定量的方法論、それらを包含する基礎理論、分野連携・融合を行うことのできる研究者の創出・育成理論などは学問的裏付けが十分にあるわけではなく、今後研究が必要な分野として認識されている。

以上を踏まえ、日本における分野連携・融合研究というメタ研究の学術的な裏付けを確立するため、また、総研大として分野融合研究を進めてゆくための基礎理論を検討するために研究会を実施する。

研究会の参加者は、総研大各基盤からの参加者を含む15名前後を予定している。本年度は分野融合研究の定義の討論、分野融合研究の状況把握等を行い、今後の研究につなげるための研究会である。

今回は特に人文系における状況把握の試みに関しての討議を行う。

 

<開催日>

 平成28年12月1日(木)

 

<開催場所>

城山トラストタワー 33階

〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-1

URL: http://www.mori-trust.co.jp/office/areatorakami/shiroyama_tt.html

 

<スケジュール>

12月1日(木)

12:30〜13:00 受付

13:00~13:30 開会のご挨拶、講演者紹介

13:30~14:30 講演 人文系学問の研究成果特性と評価指標策定の試み

――人文機構の研究成果を事例として――

人間文化研究機構 特任助教 木村 自先生

14:30~15:30 質疑応答、全員によるディスカッション(ファシリテータ:西中)

15:30~15:45 休憩

15:45~17:00 全員によるディスカッション(ファシリテータ:西中)

・今後の議題、進め方に関して、ご要望のヒアリング、連絡事項 等

※終了後、希望者を対象に懇親会を予定しております。

 

<使用言語>

日本語

 

<募集人数>

15名程度

 

<対象者>

1. 総研大の学生・教職員

本会議は、総研大の学生・教職員の積極的な参加を求めています。

参加希望者については、2名程度旅費(上限有)を支援します。

参加受付の状況により、先着順とさせていただく場合があります。

予めご承知おきください。

 

2. 一般聴講希望者

旅費の支援はありません。

聴講をご希望の方は、添付様式「参加申込書」にご記入の上、下記にお申し込みください。

 

<申し込み方法>

「参加申込書」に必要事項をご記入の上、下記にお申し込みください。

上記の1.総研大の学生・教職員で総研大から初めて旅費等の支給を受ける方、又は登録済みの口座情報に変更等がある方は、「口座振込依頼書」も併せて提出してください。

 

申し込み締切り平成28年11月22日(火)

申込先:総合研究大学院大学学融合推進事務室総務係

 (mail to:cpis-office(at)ml.soken.ac.jp)※(at)は、@に変換してください。

 

<主催責任者及びプロジェクト内容に関する問い合わせ先>

総合研究大学院大学 学融合推進センター 特任准教授 西中 美和

E-mail:nishinaka_miwa(at)soken.ac.jp ※(at)は、@に変換してください。

 

関連ファイル

Posted On 2016.10.18 By 広報社会連携室
〒240-0193 神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

PAGETOP