学生相談・怪我・病気のときは|教育・学生生活|国立大学法人 総合研究大学院大学

教育・学生生活

学生相談窓口/学研災・学研賠について

 

学生相談窓口/学研災・学研賠について

 

学生相談について

本学では、学生のみなさんが、研究・修学を始めとした学生生活・対人関係や将来のことなど、気軽に相談・カウンセリングできる体制を整えています。  

こころの相談・カウンセリングについて

<対面相談>
各キャンパスで、月に1~2回、3時間程度カウンセラーによる相談を受け付けています。カウンセラーの待機時間のみですが、電話による相談が可能な場合もあります。 ※専攻により実施日時等が異なりますので、詳細については、各専攻の事務にご確認ください。

カウンセラー待機予定日一覧(9月~11月)

その他相談窓口について

カウンセラー相談の他にも、専攻ごとに相談窓口を設けています。学生相談・メンタルヘルスカウンセリング体制の一覧を参照ください。(表中のメンタルヘルスカウンセラー(外部1名)の待機日は、待機予定日一覧で確認できます。
学生相談・メンタルヘルスカウンセリング体制 ※詳細については、各専攻の事務にご確認ください。

ハラスメント相談窓口について(セクハラ、アカハラを含む教育問題等)

担当理事及び外部専門家に直結した、教育問題に関する何でも相談窓口です。外部専門家が対応し、問題の解決を試みます。こちらの相談は1年中いつでも受け付けています。 <Eメール相談> gakusei_consult(at)ml.soken.ac.jp※(at)は@に変更してからメールしてください。

障害を持つ学生の相談窓口

障害のある学生及び本学への入学志願者が、修学・学生生活や入学試験に際して合理的配慮を希望する場合には、まず学務課学生係または所属(入学を希望)する専攻に電子メールにて申し出てください。申し出に際しての個人情報は、学務課と専攻で共有し、合理的配慮や適切な支援を検討するために使用しますが、その他の部署との情報共有については、申請者からの同意を得た上で行います。 <連絡先> gakusei(at)ml.soken.ac.jp※(at)は@に変更してからメールしてください。  

学研災・学研賠(学生教育研究災害傷害保険)について

本学では、万一の事故に備え、全ての学生に対し、日本国際教育支援協会の「教育研究災害傷害保険」及び「学研災付帯賠償責任保険」への加入を義務付けています。 入学する際、標準修業年限(3年課程の者は3年、5年課程の者は5年)の期間について加入いただきます。加入期間満了日以降も本学学生として在学する場合は、再加入する必要があります。 休学等の身分異動が生じた際は、所定の手続きが必要となります(保険の適用範囲ほか変動する場合があります)。詳細は葉山本部・学生係あて問い合わせてください。 また、万一、事故や障害が発生した場合は、直ちに葉山本部・学生係に報告するとともに、所定の様式を請求し、届けを提出することが必要です。また、治療が完了したら、同じく葉山本部・学生係で請求手続きをしてください。

教育研究災害傷害保険

学生が教育研究活動中、通学途中・課外活動中に不慮の事故により負傷・後遺障害あるいは死亡といった災害を被った場合、治療費等の経済的負担を軽減するもの。

学研災付帯賠償責任保険

学生が正課、学校行事、及びその往復途中で、他人にケガをさせたり、他人の財物を破損したことにより被る法律上の損害賠償を補償するもの。
お問合せ先

学務課学生係

  • 〒240-0193 神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)
  • TEL:046-858-1525/1526
  • Email:gakusei(at)ml.soken.ac.jp
 

PAGE TOP

PAGETOP

Facebook pageYoutube channel
Facebook pageYoutube channel